メガネの加工:鼻盛り編

こんにちは。誠眼鏡店の佐藤です。

 

本日は先日のブログで紹介した

鼻盛り加工 について書きます。

 

知っている人には当たり前かも知れませんが

これが案外知らない方が多いです。

メガネの加工の一部と捉えて頂いても良いです。

悩んでいる人からすると メガネの修理 と考えても良いかもしれません。

 

メガネの位置が低い(位置を高くしたい)

メガネがずれ落ちやすい

メガネが鼻に乗っていない

 

以上のようなお悩みがある場合は鼻盛り加工をお勧めします。

 

鼻当ての部分を削り取ってしまいますので抵抗のあるお客様もいらっしゃいます。

↓鼻盛りを削った状態

 

鼻盛りにはいろいろ種類がありますが

当店で行う鼻盛りはフレームに接着し固定します。

 

鼻盛りは素材で分けると2種類あります。

 

①プラスチックの鼻当てを取りつける

「固定式」の鼻盛り

 

固定式の長所と短所

長所:セル枠と同素材のため一体感があります。

短所:接着後に鼻部分の調整が行えません。

 

 

一体感があってナチュラルな仕上がりです。

鼻当ての面が内側に向いているものが多く、

鼻幅が広いものでも対応が可能です。

また、大きさを選ぶことができますので接着後は調整できなくても

接着前にどれくらいのものをつけるか調整することは可能です。

 

 

②金属の鼻当て(クリングス)を取りつける

「可動式」の鼻盛り

 

可動式の長所と短所

長所:接着後に鼻部分の調整ができます。

短所:セル枠と異素材のため一体感がありません。

 

 

こちらは分かりやすく鼻パッドをつけていない状態で撮影しました。

金属の先のボックス状の場所に鼻パッドを取り付けます。

鼻当たりを調整できますので当店ではまず、こちらをお勧めします。

 

特徴を捉えて自分に合った鼻当てを探しましょう!

固定式、可動式いずれも鼻盛り加工は3,500円にて承っております!

当店では他店で購入のメガネの鼻盛り加工も大歓迎です。

是非、お気軽にお越しくださいませ。

(状態や素材によりお断りすることもあります。また、破損時の責任は一切取ることができません。)

 

このブログを見て、少しでもお悩みの解消に繋がればと思います。

 

新しい メガネが欲しい、

いらない メガネを売りたい、

フレームはそのまま メガネのレンズを交換してほしい、

掛け心地が悪い メガネの調整をしてほしい、

そんなメガネユーザー様のお手助けを致します。

是非ご相談下さいませ。

 

佐藤

,,,

買い取ってほしいメガネありませんか?

 無料査定の際の注意 - ご確認ください ー

メールアドレスの入力間違いの無いようにお願いいたします。できるだけお電話番号もご記入ください。
また、迷惑メールフィルタにより、メールがお届けできない場合がございます。
info@makotoweb.com からのメール受信可能に設定をお願いいたします。

メガネ買取度入り & メガネ買取相場 メガネ買取.COM

メガネ買取相場を知る